スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

骨肉腫

どにーが骨肉腫と診断されたのは平成25年10月7日。

でも、今から思うと5月くらいからアンヨに違和感があった様子がブログに残ってる。
そして7月初めにはお尻触ると嫌がる書かれていた。

ただ、どにーはこれまでにいろいろな病気を抱えていたし、
アンヨが痛いことはよくあった。
皮膚も弱く爛れたりハゲハゲになったりもよくあった。
病院でも診てもらったし、簡単な検査はしてもらっていた。
だけど麻酔のリスクを考えてレントゲンは撮らなかった。
だからこれらの症状が骨肉腫の始まりだったのかどうかははっきりとはわからない。

でも今回はアンヨの様子が今までとは違い薬を飲んでもよくならず、
悪くなる一方だった。
最初は十字靱帯断裂かもしれないと診断を受けて、精密検査をした。
その時に骨肉腫と判明した。

以前のメラノーマの手術から時間が経ってないこともあって転移かと思ったけど
病理検査の結果、肉腫との診断でした。

診断された時点での余命は3ヶ月。
これは断脚+抗がん剤をしない場合の余命。
どにーは巨大食道症が持病のために全身麻酔のリスクが普通の子よりもハイリスク。
しかもシニアなのでよりリスクが高まってるので、断脚はできるだけ避けたいのと
抗がん剤の副作用により巨大食道症の悪化も心配された。

それに診断された時点では皮膚に転移が3ヶ所見つかっていた。

本来ならば骨肉腫は断脚+抗がん剤がセオリーだと先生。
断脚+抗がん剤の治療を行えば余命の平均値は7ヶ月だと教えてくれた。

骨肉腫はかなりの痛みがあることも説明してくれた。
だから抗がん剤を使わない場合でも痛みの緩和のためだけに断脚する場合も多いとのこと。

すでに転移があること、巨大食道症をもっていることから
どにーは断脚+抗がん剤は行わないことになりました。

その代替案として先生はいくつかの方法を提案してくださいました。

一つ目は緩和的な放射線治療。局所の疼痛コントロールで実績がある治療とのこと。
ただ、骨肉腫を退治するのは難しいとのこと。
それに毎回、全身麻酔のリスクがあり、定期的に受けないといけない。
どにーは過去に放射線治療をすでに受けているし、その辺りの心配もあった。
治療してもらえる病院も遠方で車で片道2時間弱。
どにーの体力とリスクを考えて見送りました。

二つ目はクライオーサージェリーっていう凍結治療。
簡単にいうとがんを凍らせて退治する。
断脚せずに骨肉腫をコントロールできる可能性があるとのこと。
ただ、まだ大学の先生の実験段階の治療方法であることが大きなリスク。
骨肉腫での実績はまだないので効果は未知数とのこと。
どにーもこの治療を受けるかどうか悩みましたが
どにーの状態と治療を受ける場所が遠方だったことで
この治療は見送ることとなりました。
だけどこの治療が将来、骨肉腫やがんの子達を助けてくれるかもしれません。
手術を受けられない子にとって今後、とても期待できる治療法だと思います。

三つ目はビスフォスフォネートっていう点滴を4週間ごとに静脈投与してもらう方法。
これは痛みの緩和だけを目的としたものでがんの進行を遅らすことはできません。
この点滴はゾメタっていわれてる点滴と同じ種類のものです。
骨肉腫の痛みの緩和では効果ありと効果無しとの両方の報告があるそうです。
どにーは効果がありました。
この点滴のお陰で最期まで痛みは無い様子でした。

四つ目はレーザー治療での痛みの緩和です。
icg-lipoていう緑色の液剤を調合して静脈投与します。
その後、緑色の色素ががんに集まるという特性を生かして患部にレーザーを照射し
がんを攻撃するというものだそうです。
抗がん剤と併用するとがんを退治できる可能性もあるとのことでしたが
どにーは抗がん剤が使えないので痛みの緩和のために行いました。
どにーの先生はこの治療の研究をされているそうで
骨肉腫ではないけれど他のがんの子の実績はあるそうです。

点滴で入れたお薬の効果が3週間でその間に9回のレーザー照射が必要になります。
麻酔の必要も無く、30分間レーザーを照射するだけなので治療自体はどにーも楽そうでした。

ただ、週3日、病院まで片道40分の通院と、
ウチの事情で1日お預かりしてもらうことが多かったので
最後の方はどにーも疲れた様子でした。

ただ、先のゾメタの点滴とこのレーザー治療で
どにーを痛みから救ってやることができたと思っています。


痛み止めの飲み薬に関してはMSAIDsを処方してもらっていました。
この薬は痛み止めとしてだけでなく、がんを抑える効果も期待できるとのことですが
ただ、副作用として腎臓に負担がかかるとのことで
どにーの腎臓の悪化もあり無理矢理には飲ませていませんでした。

あと、免疫を高める注射を通院のたびに受けていました。
注射の内容まで聞いてないので、薬の名前もわかりません。

それと自壊した皮膚腫瘍には床ずれのお薬のイサロパンがよかったです。
背中の傷には良く効いて大きく自壊してた傷口がふさがりました。
ただ、お尻とアンヨの傷はどうしても擦ってしまうので
塞いでは自壊しての繰り返しでどうしようもなかったです。

骨肉腫と診断されて何が何やら判らないままいろいろな治療方法を提案されて
悩みましたが今は我が家が選んだ治療方法でよかったと思っています。

どにーはがんの進行については全く治療していません。
だけど痛みも無く、亡くなる少し前までは介助が必要だったけど自分で歩けていました。

内臓への転移がどれだけあったかはわかりませんが
ギリギリまで穏やかに過ごせたことを感謝しています。

これらの治療を行ったどにーの記録とデータはどにーの先生によって
学会やら大学やらに報告されるとのことです。

どにーの頑張った記録が今後の治療に役立てばとてもうれしいです。






スポンサーサイト
[ 2014/01/17 08:11 ] どにの病気 | TB(-) | CM(0)

無顆粒性メラノーマ

2012年11月末に切除した右後ろ足の指の細胞を
詳しく検査したら線維肉腫ではなくて無顆粒性メラノーマとのこと


調べてみると絶望的な事が書いてあった・・・

頑張れ、私!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メラノーマ(黒色腫)という言葉は、良性・悪性の区別なく使用されていましたが、
現在では良性を黒色腫、悪性を悪性黒色腫と分類しています。
どちらもメラニン産生細胞(メラノサイト)から発生する腫瘍です。
犬の口腔内・皮膚・眼球・指等に多くみられ、口腔や指に発生するものは悪性黒色腫がほとんどで
犬の皮膚や眼球には黒色腫の発生が多いと言われます。悪性黒色腫の平均発生年齢
は9~11歳で、若い3歳でもみられています。雄雌差では雄犬に多く、
口腔内での悪性黒色腫の発生は9歳以上で、特に多発しています。

黒色腫(メラノーマ)の症状は、口腔粘膜や舌などに黒褐色の結節が現れてそれが急に大きくなります。
悪性黒色腫は転移が早く、リンパや血行に早期に転移し、
診断された時点ですでにリンパ節や肺に転移している場合があります。


[ 2013/01/20 22:05 ] どにの病気 | TB(0) | CM(3)

線維肉腫?

胸腺腫発病から2年
今度は右後ろ足に異変・・・

検査結果は線維肉腫
検査後2日で手術
猛スピードで治療が進んでいます

現在、巨大食道症と線維肉腫の2つの病気を抱えるどにー

でも、まだまだ元気いっぱい食欲いっぱい
どにー11歳、まだまだがんばりますよー
[ 2012/11/29 08:49 ] どにの病気 | TB(0) | CM(0)

胸腺腫についての文書

2011年2月20日

三重県の病院での三回目の放射線治療時に
担当の先生に頂いた文書です
どにーの病状や病気について誠実に詳しく書かれています
この文書を読んでどにーの今後のことを考え
手術をしないと決めました

何もわからない飼い主にわかりやすい説明で
どにーの現状がよくわかりました。
だからこそ重大な決断ができたし
これからのことに覚悟を持つことができました
先生、お忙しいのに本当にありがとうございました。

この文書を公開するかどうか悩みましたが
闘病の記録をすべて残したいという気持ちもありますので
公開してしまいます

以下は先生に頂いた文書そのままです
************************************


先日の胸部レントゲン検査、CT検査を実施した結果、
ドニーちゃんの前縦隔部に腫瘤(できもの)があることが発見されました。
今のところ、ドニーちゃんには食欲もあり、顕著な臨床症状は示していませんが、
このまま放置すると、腫瘤はさらに大きくなり、正常な呼吸が難しくなった場合には、
発咳や呼吸困難等を呈し、最終的には亡くなってしまうものと考えられます。

また、胸腺腫には胸腺腫に伴う腫瘍随伴症候群が知られており、
重症筋無力症(巨大食道症)、高カルシウム血症、多発性筋炎、皮膚炎、不整脈などが
起こることがあります。
ドニーちゃんには、巨大食道症が見られており、
過去の報告では、胸腺腫と巨大食道症を併発している犬11頭の生存期間の中央値は6日間で
巨大食道症を併発していない犬7頭の中央値は14.5ヶ月であったというものがあります。
一度、ご経験されているのでよくご存知かとは思いますが、
特に巨大食道症は、吐出と誤嚥に続発する肺炎が即、命にかかわる怖いものとなります。

胸腺腫に関する治療としては、基本的には、外科手術が最も有効な治療法として考えられますが、
手術は難易度が高く、危険性を伴うものとなります。
しかし、前述した腫瘍随伴症候群が存在せず、外科的に完全排除された場合には、
比較的長い生存期間が期待できると言われています。

ドニーちゃんは、CT検査の結果、腫瘍は孤立性であり、
現在のところ、明らかな転移の所見も見られていません。
しかし、腫瘤の大きさは大きく、巨大食道症を併発しているところから、
手術の適否に関しては十分な検討が必要と考えられます。

ドニーちゃんの場合、巨大食道症は重度ではなく、現在は起立して食事を与えることにより、
吐出症状は落ち着いていますが、腫瘍の進行に伴い、巨大食道症も悪化することが予測されます。
その場合には、吐出のコントロールがさらに難しくなり、
誤嚥性肺炎を生じるリスクも高くなってくることが予測されます。
外科手術を実施することにより、巨大食道症の進行を抑制できるという利点があります。
しかし、注意点としては、巨大食道症に関しては一般的に外科手術を実施したとしても、
すでに生じている症状を改善するとは限りません。
(現状維持が目的と考えていただいた方が良いかと思います。)
また、稀ではありますが、外科手術を実施した後にこれらの症状がさらに悪化することが
あることも報告されています。

また、外科手術に関しては、それなりの危険性が伴います。
事前にご理解していただかなければならないことを以下に述べます。
・大量出血による術中、術後死の可能性があります。
・麻酔による呼吸抑制と呼吸停止により死亡する可能性があります。
・腫瘤が悪性腫瘍であった場合、手術が成功しても再発、転移する可能性が残ります。
・腫瘤は心臓や大血管、気管などに近接しており、術中の目視下で癒着や浸潤性が激しく
 腫瘤摘出が困難と判断した場合には、そのまま閉胸することもあります。
・出血、貧血への対応策として輸血を行った場合、まれにショック症状がでることがあります。
 (もちろん輸血前の適合検査は行います)
・術後は胸腔内の空気あるいは胸水の貯留が起こることがあり、これらがでなくなるまで、
 しばらく胸腔ドレーン(チューブ)を設置します。

その他の予測不能な要因も含めて、現在の状態が術後には悪化する可能性も否定できないことを
ご理解ください。

現在ドニーちゃんは9歳と高齢であり、すでに巨大食道症を併発していることから、
一般的には、外科手術が適応であるかどうかが微妙なところです。
巨大食道症による誤嚥性肺炎のリスクが常に存在することから、残念ながら、
安全で最も治療効果が期待できる治療法というものは存在しません。

治療の選択肢としましては、
①今後、放射線治療によりできる限り腫瘍の増大、進行を防ぎ、
 その後は残された時間を大切に見守っていただく
②最も積極的な治療を選択される場合には、放射線治療により腫瘍のサイズが
 縮小した時点で、一般状態が良い場合には、思い切って外科手術に踏み切る。
ということになります。

特に外科手術の場合には、前述しましたように術中や術後に亡くなってしまう危険性も
考えられる大きな手術ということになりますので、十分ご考慮の上、今後の方針を
決めて頂きたいと思います。
その為には私共も精一杯ご協力させて頂きますので、ご遠慮なくご相談ください。

***************************************
[ 2011/02/20 13:01 ] どにの病気 | TB(0) | CM(0)

どにーが病気をして思うこと

2011年2月9日

どにーを我が家に迎える時に
どにーがこんな深刻な病気になるとは考えてなかった
無責任に飼い始めたわけではないけれど
どにーは老衰で安らかにこの世からいなくなると思ってた

突然の病気で生活は一変した

けど
ウチは本当に恵まれた環境でどにーの闘病を支えることが出来る

ウチは
自営業なので夫も私もどにーといつも一緒に居られるし
時間もムリムリ作れるから病院にもすぐに行ける
それに私達夫婦以外の家族(夫の両親、私の両親)もいろいろと協力してくれる
そして我が家には子どもが居ないのでどにーの治療費もなんとか準備できている

本当にウチは恵まれている

獣医さんにも本当に恵まれている
どにーの病気を見つけてくれた夜間救急病院の先生
どにーの肺炎を治してくれて放射線治療を紹介してくれた先生
どにーの放射線治療をしてくれた先生
どの先生も丁寧に症状や治療の説明をしてくれて
私達家族の思いを尊重してくださるとてもいい先生です

これらの先生のおかげでどにーに最善の治療を受けさせることができた

それに
どにーが体調を崩してどんどん悪くなる中
情けないことに私はオロオロするばかりだったけど
夫が冷静に様々なことに対処してくれたので
どにーは助かりました


どにーは本当に強い運の持ち主
奇跡の子です

奇跡の子どにーはもっともっと奇跡を起こして
天寿を全うして欲しいと思います

これからもどんなことが起こるかわからないけど
私達家族でできるだけのことをして
どにーを見守っていこうと思います
[ 2011/02/09 09:49 ] どにの病気 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。