スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暖かい日が続いています

毎日、ぽかぽか陽気が続いてどにーもご機嫌さん
お散歩もお日様いっぱいのお昼間に出かけてます

どにーはここのとこ病気だと忘れるほどに元気
吐出も無し、ウンチも良好

ただやっぱりお口を終始クチュクチュ
巨大食道症のどにーはヨダレを飲み込めない
放射線治療前のレントゲンで食道に透明の液体が溜まってるのを見た
先生が唾液が溜まってるんですよって教えてくれた
ゴックンしても食道に溜まってるだけ胃袋まで到達しない
気持ち悪いのかあちらこちらをペロペロ舐めてる
なので気がついたら起立させて抱っこする


あんまりクチュクチュがひどい時はタオルをハミハミしてもらう
口の中がカスカスになりそうだけどどにーは楽しそう

どにーが楽しければそれでいいのだ



2011227a
スポンサーサイト
[ 2011/02/27 18:43 ] 持病の巨大食道症 | TB(0) | CM(0)

放射線治療の費用

2011年2月25日

どにーの病気がわかって3ヶ月。

ワンコの病気にはお金がかかると頭ではわかっていたけど
現実に目の当たりにして驚いた。

けど、お金が無いからと見捨てることなんて絶対にできない。

夫も「やっぱりワンコを迎えるならその時から将来を考えてワンコ貯金しとかなあかんかったなー」
とつぶやいていた。

どにーが病気になってから本当に反省しきり。
ちゃんと考えて迎えたつもりなのにね。

そんなどにーの医療費の整理をしてみた。
明細が山盛りなので大まかに^^;



救急病院~退院まで

夜間救急病院 検査、点滴など  ¥55,860
退院時の支払(入院6日間)  ¥117,135

入院中の検査一式も含まれての料金。

いろいろオマケしてもらってるので
かなり良心的価格。



そして放射線治療費

2011年1月14日 1回目放射線治療 
CT、放射線治療、各種検査 ¥120,600
(内、CT¥63,860 放射線治療¥38,000)

2011年1月21日 2回目放射線治療
各種検査、RTプランニング、放射線治療 ¥70,240

2011年1月28日 3回目放射線治療
各種検査、放射線治療 ¥43,990

2011年2月5日  4回目放射線治療
各種検査、重症筋無力症検査、放射線治療 ¥59,740



日常的な医療費として
胃薬、吐き気止めの薬を1日2回分と療法食
3週間分の薬代 ¥7,938
3週間分の療法食 ¥11,110


その他
退院後にせなかが爛れたりしたのでその治療費もあるし
お腹こわしたときの薬代など細々と出費続き・・・。


総額はおそろしくて直視できませんが
だいたいこんな感じでお金が必要です。


ワンコ貯金、ホントにやっとけばよかった・・・。


[ 2011/02/25 08:44 ] 医療費 | TB(0) | CM(0)

重症筋無力症の検査結果

2011年2月22日

三重県の先生から昨日の夕方、電話をいただいた。

最後の放射線治療の時に
検査したアセチル●△■コリン抗体?の結果がでたそうだ。
・・・あはは、難しい名前でメモすら取れなかったよ・・・
ネットで調べてみたら抗アセチルコリン受容体抗体とか
抗アセチルコリンレセプター抗体とか出てきたけど
なんか違ったような・・・わからん・・・

簡単に言うと重症筋無力症の検査結果

結果は0.18で陰性
だけど陰性であっても完全にOKとは言い切れない様子
だけど陽性よりはいいってことらしい・・・微妙な結果

陰性であっても症状がでるっていうのがあるらしい
とにかくどにーは巨大食道症の症状はでてる訳だし
ただ、思ったよりも悪くないってこと

そして今後は
1,2ヶ月に1度はレントゲンの検査をして
腫瘍のサイズを確認していくことに

ただ、何度も何度も放射線治療はできないらしく
今後、急激に腫瘍が大きくなってきても見守ることしかできない

このまま腫瘍が大きくならないことを願うばかり

先生が今のどにーの様子を聞かれ
ものすごく元気で吐出もないと伝えると喜んでくださった

そして
3月になったら再診に来て下さいとのこと

とにかくこのまま少しでも長く元気でいて欲しい


そんな思いを知ってるのかどうかわからない
寝起きのどにー

20101104072701.jpg

[ 2011/02/22 18:00 ] 持病の巨大食道症 | TB(0) | CM(0)

胸腺腫についての文書

2011年2月20日

三重県の病院での三回目の放射線治療時に
担当の先生に頂いた文書です
どにーの病状や病気について誠実に詳しく書かれています
この文書を読んでどにーの今後のことを考え
手術をしないと決めました

何もわからない飼い主にわかりやすい説明で
どにーの現状がよくわかりました。
だからこそ重大な決断ができたし
これからのことに覚悟を持つことができました
先生、お忙しいのに本当にありがとうございました。

この文書を公開するかどうか悩みましたが
闘病の記録をすべて残したいという気持ちもありますので
公開してしまいます

以下は先生に頂いた文書そのままです
************************************


先日の胸部レントゲン検査、CT検査を実施した結果、
ドニーちゃんの前縦隔部に腫瘤(できもの)があることが発見されました。
今のところ、ドニーちゃんには食欲もあり、顕著な臨床症状は示していませんが、
このまま放置すると、腫瘤はさらに大きくなり、正常な呼吸が難しくなった場合には、
発咳や呼吸困難等を呈し、最終的には亡くなってしまうものと考えられます。

また、胸腺腫には胸腺腫に伴う腫瘍随伴症候群が知られており、
重症筋無力症(巨大食道症)、高カルシウム血症、多発性筋炎、皮膚炎、不整脈などが
起こることがあります。
ドニーちゃんには、巨大食道症が見られており、
過去の報告では、胸腺腫と巨大食道症を併発している犬11頭の生存期間の中央値は6日間で
巨大食道症を併発していない犬7頭の中央値は14.5ヶ月であったというものがあります。
一度、ご経験されているのでよくご存知かとは思いますが、
特に巨大食道症は、吐出と誤嚥に続発する肺炎が即、命にかかわる怖いものとなります。

胸腺腫に関する治療としては、基本的には、外科手術が最も有効な治療法として考えられますが、
手術は難易度が高く、危険性を伴うものとなります。
しかし、前述した腫瘍随伴症候群が存在せず、外科的に完全排除された場合には、
比較的長い生存期間が期待できると言われています。

ドニーちゃんは、CT検査の結果、腫瘍は孤立性であり、
現在のところ、明らかな転移の所見も見られていません。
しかし、腫瘤の大きさは大きく、巨大食道症を併発しているところから、
手術の適否に関しては十分な検討が必要と考えられます。

ドニーちゃんの場合、巨大食道症は重度ではなく、現在は起立して食事を与えることにより、
吐出症状は落ち着いていますが、腫瘍の進行に伴い、巨大食道症も悪化することが予測されます。
その場合には、吐出のコントロールがさらに難しくなり、
誤嚥性肺炎を生じるリスクも高くなってくることが予測されます。
外科手術を実施することにより、巨大食道症の進行を抑制できるという利点があります。
しかし、注意点としては、巨大食道症に関しては一般的に外科手術を実施したとしても、
すでに生じている症状を改善するとは限りません。
(現状維持が目的と考えていただいた方が良いかと思います。)
また、稀ではありますが、外科手術を実施した後にこれらの症状がさらに悪化することが
あることも報告されています。

また、外科手術に関しては、それなりの危険性が伴います。
事前にご理解していただかなければならないことを以下に述べます。
・大量出血による術中、術後死の可能性があります。
・麻酔による呼吸抑制と呼吸停止により死亡する可能性があります。
・腫瘤が悪性腫瘍であった場合、手術が成功しても再発、転移する可能性が残ります。
・腫瘤は心臓や大血管、気管などに近接しており、術中の目視下で癒着や浸潤性が激しく
 腫瘤摘出が困難と判断した場合には、そのまま閉胸することもあります。
・出血、貧血への対応策として輸血を行った場合、まれにショック症状がでることがあります。
 (もちろん輸血前の適合検査は行います)
・術後は胸腔内の空気あるいは胸水の貯留が起こることがあり、これらがでなくなるまで、
 しばらく胸腔ドレーン(チューブ)を設置します。

その他の予測不能な要因も含めて、現在の状態が術後には悪化する可能性も否定できないことを
ご理解ください。

現在ドニーちゃんは9歳と高齢であり、すでに巨大食道症を併発していることから、
一般的には、外科手術が適応であるかどうかが微妙なところです。
巨大食道症による誤嚥性肺炎のリスクが常に存在することから、残念ながら、
安全で最も治療効果が期待できる治療法というものは存在しません。

治療の選択肢としましては、
①今後、放射線治療によりできる限り腫瘍の増大、進行を防ぎ、
 その後は残された時間を大切に見守っていただく
②最も積極的な治療を選択される場合には、放射線治療により腫瘍のサイズが
 縮小した時点で、一般状態が良い場合には、思い切って外科手術に踏み切る。
ということになります。

特に外科手術の場合には、前述しましたように術中や術後に亡くなってしまう危険性も
考えられる大きな手術ということになりますので、十分ご考慮の上、今後の方針を
決めて頂きたいと思います。
その為には私共も精一杯ご協力させて頂きますので、ご遠慮なくご相談ください。

***************************************
[ 2011/02/20 13:01 ] どにの病気 | TB(0) | CM(0)

どにーの食卓

2011年2月18日

20110218133807.jpg



どにーはご飯を立って食べています

食べているのはヒルズ療法食i/dのドライタイプをお湯でふやかしたもの
どにーもお気に入りの様子でボウルをしつこく舐めてます
1日4回(朝、昼、夕、夜)、1回分約90グラム
お水を飲まないどにーのためにお湯はちょっと多めに入れてます
食欲旺盛のどにーの為に毎回7.5キロ袋を購入
3週間ほどで食べきります

折りたたみ椅子と玄関の段差を利用して
できるだけ背中が立つようにして食べています
最初はイスに手を乗せるのを怖がって
なかなか上手にやってくれなかったけど
最近は自ら手を載せてご飯を催促します
いい子だねー、どにーは


この後
どにーを座らせ私の肩に前足を乗せて抱っこし
胃袋に食べ物が落ちるのを待ちます
落ちたらゲブってゲップみたいな音がします

最近は
この胃袋に落ちるのがとってもスムーズになってるように思う
放射線治療が影響してるのかな?
放射線治療をしてからどにーはちょっと元気なったように思う
今は放射線治療をして良かったと思ってます
[ 2011/02/18 13:56 ] 持病の巨大食道症 | TB(0) | CM(0)

お薬の日

2011年2月14日

今年は本当に雪の日が多い
我が家のあたりではめずらしい

そんな雪降るバレンタインの日

どにーの薬を貰いに病院へ
最後の放射線治療の時に撮ったレントゲンを持参し
私一人で行った

どにーはここのところものすごく調子がいい
っていうか元気すぎる・・・
去年の夏に顔がハゲた時のが元気なかったなー
あの頃から調子悪かったのかな・・・


なので元気すぎるどにーは診察の必要も無いので
夫とお留守番


こんな雪の日は病院も私以外の患者さんなし
院長先生と今後のことをお話ししたかったが
先生、手術中でお会いできなかった
レントゲンは受付のお姉さんにを渡しておいた

ま、また2週間ほどしたらレントゲンを撮りに行くので
今後のことはその時でいいんだけどね


ってことで
胃薬と吐き気止めを貰い家に帰りました

このまま元気な状態が少しでも長く続きますように・・・
[ 2011/02/15 08:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

大変ご無沙汰しております

長い間放置状態の「どにー日記」ですが
ここで一旦、お休みします

どにーが去年の11月末に急に体調を崩し
病気であることが発覚しました
それ以来なかなかこのブログを見ることが出来ずにいます

今のところ
どにーは病気がウソのように元気にしておりますが
今後も更新するのは難しいと思うのでお休みに踏み切りました

今までも開店休業状態だったブログですので
今までとあまり変わらないかと思いますが・・・


今まで仲良くしてくださって本当にありがとうございました











[ 2011/02/14 13:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ウソみたいに元気です

2011年2月14日

今日はバレンタインデー

昨日の夜は夫の実家にチョコを渡しに
夫とどにーと行ってきた

仕事が終わってから出発
我が家から車で1時間30分ほどで到着

連絡せずに行ったので
残念ながら夫の父は留守だったが
母と弟くんがいてくれたので無事にチョコを渡した


どにーも久しぶりの夫の実家で大喜び


家の中をあちこち探検し
愛想を振りまきゴキゲンさん

どにーは子犬の頃
よく遊びに行ったことを覚えているのかな


夫の母と弟くんにナデナデしてもらい
夫の実家を後にした



どにーは終始ニコニコ顔

短いお出かけだったけど
私たちも楽しかったよ


どにーは放射線治療を終えてから
何故だかすごく元気

ご飯もスムーズに食べてくれて
もちろん吐出もない

このまま
元気いっぱいのどにーでいて欲しい
[ 2011/02/14 08:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

どにーが病気をして思うこと

2011年2月9日

どにーを我が家に迎える時に
どにーがこんな深刻な病気になるとは考えてなかった
無責任に飼い始めたわけではないけれど
どにーは老衰で安らかにこの世からいなくなると思ってた

突然の病気で生活は一変した

けど
ウチは本当に恵まれた環境でどにーの闘病を支えることが出来る

ウチは
自営業なので夫も私もどにーといつも一緒に居られるし
時間もムリムリ作れるから病院にもすぐに行ける
それに私達夫婦以外の家族(夫の両親、私の両親)もいろいろと協力してくれる
そして我が家には子どもが居ないのでどにーの治療費もなんとか準備できている

本当にウチは恵まれている

獣医さんにも本当に恵まれている
どにーの病気を見つけてくれた夜間救急病院の先生
どにーの肺炎を治してくれて放射線治療を紹介してくれた先生
どにーの放射線治療をしてくれた先生
どの先生も丁寧に症状や治療の説明をしてくれて
私達家族の思いを尊重してくださるとてもいい先生です

これらの先生のおかげでどにーに最善の治療を受けさせることができた

それに
どにーが体調を崩してどんどん悪くなる中
情けないことに私はオロオロするばかりだったけど
夫が冷静に様々なことに対処してくれたので
どにーは助かりました


どにーは本当に強い運の持ち主
奇跡の子です

奇跡の子どにーはもっともっと奇跡を起こして
天寿を全うして欲しいと思います

これからもどんなことが起こるかわからないけど
私達家族でできるだけのことをして
どにーを見守っていこうと思います
[ 2011/02/09 09:49 ] どにの病気 | TB(0) | CM(0)

放射線治療を終えて

2011年2月6日

今日も朝からどにーは食欲旺盛でした

でもいきなりガッツリは怖いので
バナナとりんごのミキサーしたのと
ドライフードのふやかしたのをいつもの半分を
あさから食べて昼からいつもの量を食べさせた

やっぱり治療の翌日は疲れているらしく
お昼間はずーっとウトウトとしてました


でも夕方からは元気いっぱい食欲旺盛で
普段のどにーに復活


これからはとにかく肺炎を起こさないように
吐出しないように頑張るしかありません


どにーちゃん
ご飯のあとは嫌がらず直立しようねー
[ 2011/02/06 22:11 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

第4回目放射線治療

2011年2月5日

どにーの下痢は無事に治まった様子
昨日は1日ぴーすることもなく落ち着いた状態だったので
今日の朝に三重県の病院に電話を入れて
無事に本日
第4回目の放射線治療を行うことができました

9時30分頃家を出発
今日は土曜日なので高速道路もいつもと違う雰囲気
高速道路で火災があったり
行く途中で路肩にハマる車を目撃したり
ガードレールに衝突したての車とすれ違ったりして
行きは波乱万丈の予感だったのですが
渋滞に巻き込まれることもなくスイスイと11時過ぎに到着

土曜日は診察に来られる人が多いのか
駐車場に警備員さんがいらっしゃっいました

待合室もごった返してたので
受付を済ませた私とどにーは外で待機

程なく先生に呼ばれて診察室へ

まず、先生にどにーの下痢の様子と体調をお話しし
先生も大丈夫でしょうとのこと
放射線治療は今日が最後になるとお話された
そして今後の治療によって腫瘤の大きさの確認方法がCTかレントゲンか
変わるのでどうされますかとお聞きになったので
私たち家族は「手術をしない」という決断をしたとお話しした

その場合は今後レントゲンで腫瘤の大きさを定期的に確認し
内科的治療で巨大食道の進行を抑えるということになるでしょうとのこと

腫瘤は今回の放射線治療で少し小さくしたので
腫瘤によってどにーが苦しむことはしばらくはないであろうとのこと

ただ食道の状況と重症筋無力症の進行が気になるとのこと
どにーはハイテンションだけどすぐに疲れてフセしちゃうのが気になると先生

それらの進行を少しでも遅らせるためにステロイド?を使うのも一つの案ですとのこと
そして胸腺腫による巨大食道症?重症筋無力症の確認?の為に
血液検査でナントカ?っていう数値を検査すると今後の治療に役立つと思いますとのこと

その検査はよくわからなかったけど今回お願いしておいた
結果は2週間ほどかかるらしい

で、私は聞いてみた
どにーは今後、腫瘤で苦しむのか巨大食道で苦しむのか可能性が高いのは?って

先生はどちらかと言えば巨大食道の方が心配とのことだった
ご飯の食べさせ方と肺炎に充分気をつけてくださいとのことだった


とにかく今日が放射線治療最後の日
なんとかどにーに頑張ってもらいたい

いつものとおり3時頃迎えに来てくださいとのことで
どにーと別れた

そしていつもの喫茶店で時間を潰し
2時頃に病院にもどった
そしてしばらく待ってどにー登場

麻酔から覚めたばかりだったのか
ちょっと足元がおぼつかないけど元気そう
よかった・・・

またおしっこ漏らすと困るので
さっさと外に連れだし車へ

そして先生とお話しした
どにーの腫瘤は放射線治療前より1センチほど小さくなった様子
これからもうちょっと小さくなるでしょうとのこと

1ヶ月ほどしたら京都の病院でレントゲンをとってもらってくださいとのこと
先生が今日の治療が終わったことを京都の先生に報告してくださるらしい

そして血液検査の結果を2週間ほどしたら連絡してくださるらしい
またどにーちゃんの経過を教えてくださいとおっしゃってくださった

帰りに今日のレントゲン写真を受け取った
また京都の先生に持って行って今後のことを相談しようと思う

こうしてどにーの放射線治療は怒涛のごとく1ヶ月で終了した
あっという間だったがこの治療でどにーの苦痛を少しでも減らせたらいいなーと思う

そんなことを考えながらどにーとのドライブを楽しみ4時過ぎに家に到着

とにかく無事に終わってホッとした・・・

どにーもお疲れさまでした・・・
よく頑張ったねーホントにお利口さんだよ、どにーちゃん
[ 2011/02/05 21:35 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

明日行けるかなー

2011年2月4日


昨日の夜は黒蜜にお薬を混ぜて食べたどにー
今日は朝からいつもの半分の量のご飯を食べた
お昼も半分
夕方はいつもの量
夕方のウンチはコロコロウンチ

今のところ大丈夫そう
明日電話して放射線治療を受けてこれるかな

とにかく無事に明日の朝を迎えたい・・・
[ 2011/02/04 18:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

明日の放射線治療延期

2011年2月3日


昨日の夜中にぴーしてからは朝までグッスリのどにー
結構元気そうで食欲もあるみたい

なのでいつもよりゆるめにふやかしたフードを朝の8時頃に食べさせた
ガツガツといい食べっぷり
大丈夫かと思ったけどやっぱり昼前にぴーした・・・

でお昼は食べずに様子見てます


なので明日、放射線治療を受ける予定だった三重県の病院に電話して
一昨日の朝からぴーしてるけど明日治療を受けられるのかと聞いてみた

そしたら先生があんまりムリはしないほうが良いとおっしゃったので
明日の治療はお休みすることに

だけど前回の治療から2週間以上たたないほうがいいとのこと
頑張ってお腹ぴー治そうね、どにーちゃん

ってことで今日の夕方にいつもの病院で診察してもらいました
ぴーちゃんなウンチも検査してもらいました
特に悪いとこ見つからず
で、一過性のぴーだろうということで下痢止めもらってきました

病院大好きどにーは大興奮
元気いっぱいに診察してもらいました
家に帰ったら疲れて寝ちゃいました
とりあえずお薬飲ませたけど

明日1日どにーのお腹が治まってたらあさっての土曜日に放射線治療するつもり

大丈夫かなー・・・
[ 2011/02/03 13:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

やっぱりお腹がおかしい

2011年2月3日未明

私が寝たあと夫が1日の最後のおしっこにどにーを連れだした

おしっこをすませたどにーはすぐに部屋に入らず
玄関でお座り状態

外に行きたがってるようなので
またぴーかな・・・と思い外へ

やっぱりぴーだったらしく
形のあるウンチにゆるゆるウンチが出たらしい

その後で猫のウンチらしきものを拾い喰いしたらしく
夫が慌てて私を起こしに来た


猫のウンチは食べてしまったものはしょうがない
夫はどにーの口を洗い背中を立たせて吐出しないようにしてくれていた
相変わらずどにーの拾い食いは直らない・・・困ったものです・・・


それにしても
昨日の朝のぴーのあと昨日の夜は普通のウンチで
今日もお昼と夜のウンチは形のあるものだった

ドッグフード以外どにーは食べてないし
原因がわからない・・・心配だ・・・


心配なので
仕事のある夫は寝室へ
私はリビングでどにーの様子を見ていた

そしたら夜中の3時30分頃にやっぱりまたソワソワ
外に連れて行くとぴーした
あらら・・・


もともとよくお腹をこわすどにーだけど
今回はやっぱり心配・・・

明後日は最後の放射線治療
一度、病院に電話してみよう


大丈夫かな・・・
[ 2011/02/03 02:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お腹大丈夫そう

2011年2月2日

昨日の朝のお腹ぴーが心配だったどにー
今日のお昼のウンチはコロコロに戻ってちょっと安心
ここのところご飯が足りなさそうだったので
ちょっぴりご飯の量を増やしたからぴーしたのかな?
昨日からご飯の量を元に戻したら大丈夫そう
勝手な判断はいけないね・・・

ところで
今日のどにーはちょっとワガママ
お昼のトイレタイムの時も家に入るの断固拒否
いつもはお利口に言う事聞いてくれるのに・・・
お天気良かったから外で遊びたい気持ちは分かるけど
私もお仕事あるから我慢してね

あさっては最後の放射線治療だよ
もう一頑張りです
[ 2011/02/02 16:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お腹ぴーしちゃった

2011年2月1日

朝からちょっとハイテンションのどにー
どうしたの?

ものすごく外に行きたがる

一度、外に出たけど
おしっこもせず


ちょっとウロウロしたけど
おしっこしないので
家に入れようとすると断固拒否の姿勢


おかしいなーと思いながら
朝の支度があるので
無理やり中に


そして
どにー朝ご飯の時間になったので
ご飯を食べさせたが
ご飯の後の立たせて抱っこを拒否
でも立たせないと胃袋にご飯が入らないので
大格闘の末、なんとか10分ほど立ち抱っこ

そして
外に出るためにリードを持つと
どにー大興奮でちょっとビビる


ご飯のあと
興奮させるとゲボしたら怖いので
私大激怒

そしてやっとこさ外へ


そしたらどにー猛ダッシュでうんちスタイル

・・・ぴーしちゃってました・・・


お腹痛かったんだね


ごめんね、どにー


ご飯の前に外に行けばよかったね

・・・反省です・・・


やっぱ様子のおかしい時は理由があるんだね
どにーに我慢させてごめんね
どにーはお話できないのだから
もっとちゃんと様子を見ないといけないね


ホントにごめんね
[ 2011/02/02 07:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今後の相談

2011年1月31日

いつもの病院へお薬とご飯を頂きに行ってきました

先生に放射線治療の報告を兼ねて
今後の私たちの考えをお話ししました

今度の金曜日の放射線治療が区切りになること
そして今後の治療をどうするかと聞かれたこと
三重県の病院で頂いた資料と共にお話ししました

そして私達家族は
外科手術はしない方向で考えてますと伝えました

先生も私達家族の意向を尊重してくださって
今度、三重県の病院でそのことを伝えて
今後はどのように経過を見守るのか聞いてきてくださいとのこと


そしてまたご報告くださいとのこと

この選択が正しいのかどうかはわからない
でも後悔しないように家族でいっぱい考えた結果だ
この選択を信じるしかない・・・
[ 2011/02/02 07:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

吐出しかけた

2011年1月30日

今日の4回目のご飯の直後にちょっとゲボしかけた
なので立たせてやるとはじめはゲボゲボしてたが
結局吐出せず胃袋に治まったみたい・・・

今は食道もそこまで悪くないけど
これからどんどん悪くなると思う

どこまで吐出が抑えられるのか
不安がいっぱい


けれど
それ以外はものすごく元気にみえる
このところ朝晩寒いのでお昼間にお散歩してるけど
いつも通りクンクンしまくりしっぽ振りまくりで
病気なのを忘れるほど

けどホントのところ
どれだけどにーがしんどいのかわからない

今週の金曜日が放射線治療ラストの日
とにかく無事に終わらせたい

その後は手術をせずにこのままどにーを見守っていきたい
できるだけどにーが苦しまないように辛い思いをしないように

もうちょっとだけ
どにーが元気でいられますように
[ 2011/02/02 07:38 ] 持病の巨大食道症 | TB(0) | CM(0)

第3回目放射線治療

2011年1月29日

昨日、どにーの三回目の放射線治療に行ってきました

前回の治療後の1週間は
ウソのように元気で食欲旺盛、吐出無し、イタズラも再開で
病気なのを忘れるほどでした


昨日は9時45分ごろ家を出発
お仕事を調節して夫も同行したので
どにーは遊び気分満開
夫も私もどにーもウキウキ気分で病院へ
途中でコンビに寄ったりして11時30分頃病院へ到着

どにーは病院への道筋を覚えているのか
高速を降りるとちょっとソワソワ


そして病院到着したら
ルンルン気分で待合室へ
相変わらず待合室でガチャガチャし通し
先生を見かけると近づき
診察室へ入ろうと目論むどにー
本当にこんなに元気に見えるのに・・・

毎週、毎週、全身麻酔で放射線をあてられて
しんどい嫌な思いをしてるだろうなーと思うんだけど
喜んで病院へいくどにーを見てると
本当に良い子でとても健気に思う

で、どにーお待ちかねの診察室へ
どにーの様子を聞かれとっても元気な事を伝える
先生が放射線治療を2回終えたので
腫瘍の状態を見るためにレントゲンをとりますとのこと
今日で3回目の放射線治療となりますが今日で終わるか
どうするか見てみますとのこと
そしていつもの血液検査のために
診察室の奥へ入るどにー


しばらく待って検査結果を聞くと
レントゲンで見る腫瘍の様子は大きさはあまり変わらず
ただ、レントゲンで見るとかなり薄くなってる様子
血液検査の結果も良く今日も放射線治療行いますとのこと
そしてどにーを預け3~4時の間に迎えに来てくださいと先生


夫ととりあえずランチに
いつもは一人で治療を待ってる時は
ちょっと不安で落ち着かない気分だけど
今日は夫がいるので落ち着けたよ


そして
2時間ほど時間を潰し病院へ


2時30分頃病院に戻ると
やっぱりどにーは麻酔から目覚めてた
先生も麻酔から覚めるのが早かったですよーって

その時に先生が現在のどにーの状況を詳しく文書にしたものを
渡してくださった
そして来週の放射線治療で一度区切りをつけましょうとのこと
それから今後の治療方針を決めてくださいとのこと
手術するかこのまま見守るか

文書を読むと
やっぱり巨大食道症を併発した胸腺腫の今後はとても厳しいらしい
手術もとても難しくどっちにしても巨大食道症は良くならないし進行を止めるのが精一杯
これといった効果的な治療法がないと書いてある
絶望的な言葉が並ぶ文書を見てやっぱり手術はしないでおこうと思う
夫も同じ意見の様子


4回目の放射線治療まで1週間
ゆっくり考えて家族と相談し今後を決めたいと思う


とにかくどにーが少しでも楽しくしんどい思いをしないように願っています
[ 2011/02/02 07:33 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

2回目の放射線治療後の様子

2011年1月22日

昨日、家に帰ってから
今日一日はやっぱり一日中ウトウトのどにーちゃん
けど、前回の放射線治療後よりも元気があるような気が

今朝も元気いっぱいでお腹が減ったことを猛烈アピール
で、とりあえずフードをお湯でふやかしたんだけど
冷めるのが待ちきれない様子
で、困ったときの砂糖水をとりあえず飲ます

ちょっと落ち着いたみたいで
その間におしっこしたりして程良く冷めたフードを
いつもの量より若干少なめで若干柔らかめにして食べる

今回は治療後にもかかわらず上手に食べてる様子

お昼からいつも通りの量と柔らかさで食欲旺盛に食べたどにー


今回はいまのところえづくこともなく
上手に食べてる

よかった・・・


とにかくいっぱい食べて体力つけて
放射線治療を乗り切って欲しい
[ 2011/02/02 07:28 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

第2回目放射線治療

2011年1月21日

今日は放射線治療の2回目ということで
お昼前までに来てくださいとのこと

で、9時30分頃に出発
どにーはビックリするくらい元気
朝から私がイソイソと出かける準備をするもんだから
どにーもハシャギ気味

どにーははしゃぎ過ぎて朝ご飯を食べてないのを
どうも忘れてるらしくご飯を要求しないのがよかった

そして夫に見送られ車でゴー!

高速も渋滞なしでスイスイと三重県まで

そして案の定11時前に到着
ちょっと早いのでコンビニで時間を潰し病院へ

どにーは車からおろせーっとウルサイが
どにーを車に放置し私一人で受付を済ませ
待合室の人が少し減ったところでどにーを連れて入った

待合室で相変わらずどにーはガチャガチャじっとしてない
でもここの病院はそんなに待つことはなく
すぐに名前を呼ばれ診察室へ

いつもの先生はお休みらしく
今日は違う先生

前回の放射線治療後の様子を話す

治療後2日ほど飲み込みが悪そうでご飯の時にちょっとえづくことを伝える

先生「うーん、もし全身麻酔のせいなら今、1週間に1回のペースだけど
2週間に1回とかにしましょうか」とのこと

そしてとりあえずの血液検査などをしてもらうためにどにーは奥へ
私は待合室


そして採血、レントゲンが終わったドニーは待合室へ

しばらく待ってもう一度診察室へ呼ばれて
検査結果を聞く
ちょっと白血球が少ないらしいが問題なしとのこと
あまり気にしなくて良いのだそうです

そして放射線治療のためにどにーは奥へ
2時30分頃迎えに来てくださいとのこと
今回は前回と違って麻酔の時間が短いとのこと


そして私は先生にどにーを託して病院を離れた


いつもこの時に少し心配になるけど
先生を信頼して任せるしか無い
どにー頑張ってね

お昼ご飯を近くの喫茶店で食べて時間を潰し
2時過ぎに病院へ

そしたら程なくどにーが出てきた
今日は麻酔から覚めるのが早かったそう

前回よりもどにー元気そう


けど私を見てはしゃいだのか安心したのかおしっこを漏らした
はずかしいなーどにーちゃん(9歳)


そしてどにーを一旦外に連れだしておしっこさせて車へ

だいぶ元気そう


そして先生が待合室へ来てくれて
今日の治療の説明をしてくれた
どにーの治療中の写真付きで
どにー仰向けのあられもない姿
そして口には大きな管

先生が
「治療後2,3日のオエッってなるのはこの管のせいかもしれないですねー
それなら心配しなくても大丈夫です、
様子を見て麻酔のせいならしばらくオェ~が続くので
その場合は連絡ください。2日ほどで治まるなら管のせいかも。
その場合は大丈夫ですよ」とのこと

そしてお支払いを済ませ
受付の看護師さんに
「どにーちゃんお利口ですねー他のワンちゃんみんなにご挨拶してましたよ」
とどにーの病院での様子を教えていただき2時30分頃病院を後に

ここの病院もいつもの病院も本当に皆さん優しい人ばかりで
不安いっぱいの情けない飼い主にとっては本当に心強いです


そして麻酔から覚めたばかりのどにーが気持ち悪くならないようにスイスイと
車を走らせ家路へ


帰りも渋滞もなくどにーも元気いっぱいで4時頃に家に到着


元気そうに見えてもやっぱり疲れてるらしく
家に帰るとグッスリ眠ったどにーです


でも
ちょっと目を離したスキにゴミ箱を漁るどにーちゃん
何か飲み込んだら大変と私が激怒したのは言うまでもありません

いたずらができるほど元気なったのはうれしいけどね


ってことで
お腹が空いてそうなので砂糖水を飲ませ
(麻酔後にすぐご飯は怖いので)
今はグッスリです



2回目の放射線治療も無事に終了し感謝です

どにーもお疲れさまでした


来週の3回目はパパも一緒に行けるみたいだよーどにーちゃん♪
[ 2011/02/01 18:33 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

どにー元気いっぱい

2011年1月19日


明後日は放射線治療2回目


どにーはそんなことを知ってか知らずか
元気いっぱい


1回目の放射線治療の後2,3日は
ご飯が胃袋に上手に入らないのか
食道の動きが悪いのか
全身麻酔のせいで吐き気がするのか
わからないけどご飯の時に吐くような仕草をしたけど
昨日はそんな様子もなく
放射線治療前のように食欲旺盛で上手にご飯を胃袋に運んでいた

で、病院へのお出かけが多いせいか
私と夫が出かける用意をすると
どにーは自分も行けるものだと勘違いし大はしゃぎ

はしゃぎ過ぎてゲボするんじゃないかと心配するくらい

夫の私もどにーの治療費を稼ぐために
がんばらないといけないからお利口にお留守番しててほしいよ・・・



でも
放射線治療前よりも元気になってる気がする
よかったのかな、これで


もっともっと元気になって
美味しい物がちょっとでも食べられるといいね
食いしん坊どにーちゃん
[ 2011/02/01 18:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

いつもの病院に放射線治療の報告へ

2011年1月18日


昨日の夜
京都の病院に放射線治療の報告に行きました

先生は手術の直後でお疲れなところ本当にありがとうございました

三重県の病院の先生より今後の治療方針のFAXが
届いていたということで
今後、4~5回週イチでM病院へ通うことをお話ししました
そして放射線治療が一段落した時点で
外科的な治療に移るかどうか考えることを伝えました

そして
どにーの食道が最悪ではなかったことと
腫瘍は中程度の大きさで
リンパ球が多いタイプだと伝えました

放射線治療が割と有効かもしれないと
おっしゃってくださいました


そして
放射線治療後
昨日、一昨日とどにーがご飯の飲み込みが悪そうで
ちょっとゲボってなることを伝え
今日は朝からちょっとマシそうなことを伝えたら
よくわからないけど多分全身麻酔の影響かなーとのこと
様子を見て三重県の病院で聞いてみてとのこと

放射線治療中はどにーの急変があるかもしれないので
ちょっと気が抜けない

けど今日のどにーも病院の待合室で大暴れ
リードが絡まってコケるし余命少ない犬とは思えないよ
あんまり興奮するとゲボするから心配したよ・・・


で、先生にCTの画像が入ったCDデータを渡し
どにーの爪切りと耳掃除をお願いすることに

耳掃除はお薬をもらって
毎日一回耳に点耳しクチュクチュすると
自然に出てくるらしい
洗うより簡単♪



とにかく奇跡の子どにーを信じて
放射線治療を乗り切りたいと思います
[ 2011/02/01 18:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

雪の日の散歩

2011年1月17日


今年はめずらしく我が家あたりも
大晦日からお正月と
昨日、今日と雪の日となりました

どにーは雪が大好きっていうか寒いのが好きなのか?
ホント、めったに降らないから
昨日の夜、雪が沢山降ってる時に
夫と私とどにーと三人で散歩を楽しんだ

どにーは終始しっぽフリフリ
足の裏が冷たいのか足取りもスキップ気味
どにーの背中にもシンシンと雪が積もってる
私たちも頭に雪を積もらせながら
車も人もほとんどいない静かな道を
楽しく歩いた


奇跡の子どにーは病気だというのがウソのように
元気いっぱいたくさん歩いた


さすがに家に戻ると朝まで爆睡


ホント、楽しかった


今日もご飯が上手に食べられますように・・・


どにー1
[ 2011/02/01 18:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

初めての放射線治療後の様子

2011年1月16日


治療当日家に帰宅後はさすがに寝てばかり
けれどお腹がすいてたみたいで
何気にご飯を要求
けれど全身麻酔後だし
先生はご飯食べてもいいよとおっしゃったけど
大事をとって一日絶食


翌日
朝からいきなりガッツリは怖いので
いちごを1パックミキサーしたのと
いつもの1回分のご飯の半分を食べさせる

立たせてゴフッっでOK

午前中はほとんど寝てる

お昼からいつも通り

仕事でバタバタしてたのでわからないけど
たぶん寝てたかなー

夕方1回、夜1回で通常通り

夕方よりちょっとガチャガチャしだした

けどちょっと放射線治療前より飲み込みが悪そう
食べさせてすぐに立たせないとカハっと吐きそうな仕草
よだれも治療前より多い感じで常に口がクチャクチャしてる

吐きそうな仕草をしたらすぐに背中を立たせると
カハッカハッって何回かして落ち着く様子
ゲボしそうになってる感じ

食べたあとは丸まって眠る感じ

大丈夫かなー一時的なものならいいけど
明日、どにーの主治医の先生に放射線治療の報告に
行こうと思ってたのでちょっと聞いてみよう


毎週この治療が続くけど
がんばるんだよーどにーちゃん


それにしてもだいぶと臭犬になってきたなー
シャンプーしてやりたいけど
どうかなー・・・どにーってきれい好きだししてやりたいな
[ 2011/02/01 18:22 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

第1回目放射線治療

2011年1月14日


今日、11時までに来院してくださいとのことだったので
京都から三重までの道のりが全く検討のつかなかった私は朝の8時前に出発
9時30分に到着してしまった・・・思ったより近いかも
雪もなくいいお天気でよかったー

どにーは遊び気分でウキウキ
パパはお仕事でお留守番

どにーは昨日の夜9時から絶食中
不安いっぱいの情けない私が受付を済ませ
少し待ってたら診察室に呼ばれた

で、お電話でお話しした先生にどにーを診察してもらう
まず毎度のレントゲンと血液検査
そしてどにーの今の状況を話す
ご飯もしっかり食べてウンチも良好
吐出もなし
よだれのことや
夏に顔の毛が抜けたことも
その頃からよく吐くようになったことも話した
顔の毛のことは何も言われなかったけど
よだれについては巨大食道症の子はよだれが飲み込めないらしい
なのでご飯の時以外も立たせてあげるといいらしい

でも先生はあんまり楽観的なことを言わない
検査によっては全身麻酔ができないこともあるとのこと
巨大食道症の子は全身麻酔の際に吐出したり
麻酔が切れる際に気管に通してたチューブの違和感で
自分で外そうとして嚥下性肺炎を起こすことがあるそう

とにかく先生に任せるしか無い



検査後、名前を呼ばれて診察室へ
ここの病院の院長先生も来てくださってた
2人の先生から検査の結果を伺ったところ
思った以上に元気だし全身麻酔大丈夫とのこと
なので午後からCT検査と細胞診をしましょうとのこと

とにかく
胸腺腫で巨大食道を併発しちゃうのはかなり悪いことらしい
胸腺腫だけの子の余命は1年
巨大食道を併発すると余命は6日!
どにーは余命をはるかに越えている!!
奇跡の子どにーです

そして巨大食道症の子は全身麻酔の回数を
極力減らないとリスクが増えるとのことで
本日第1回目の放射線治療を行うのはどうでしょうかとのこと
私も1回でも通院の回数を減らしたいのでお願いすることに
・・・夫には事後報告でした・・・

1時から麻酔して検査と治療を行って3時頃に終わると思いますとのこと
あー連れて帰れるんだねーよかったー

なんだかあっけなくどにーの放射線治療が開始した

午後1時から全身麻酔開始
CTと細胞診の後、放射線治療開始

どにーと再開できたのは午後4時
すごーい!どにーってば普通に元気
外に出るといきなり大量のおしっこ

よかったーどにーよく頑張ったねー
えらいぞー



そして先生からお話
どにーの胸腺腫は7センチくらい
中程度の大きさとのこと
放射線で小さくして細胞を殺し
巨大食道症の進行を食い止める緩和治療しか
方向性は無いかと思ってたけど
巨大食道症の状態が思ったより悪くなく
外科手術も考えてもいいかもとのこと

だからご飯も上手に食べれてるんだなーと再確認

ただ外科手術は腫瘍が心臓の大動脈にくっついてるので
かなりリスクの高い手術になるとのこと

なので今のところ私も夫も手術は考えられないかも


そして細胞腫の結果
リンパ球の多いタイプで放射線治療がよく効くらしいです

ってことで
これから1週間ごとに三重まで通います
どうかいい方向にいきますように

今日は最後にCTのデータとレントゲン写真、細胞診の結果をもらって
帰ってきました
またいつもの先生に持って行って結果報告にいかないとね

で、午後6時帰宅
さすがに帰ってきたらどにーも疲れたのか眠ってます

本当によく頑張ったね
[ 2011/02/01 18:20 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

放射線治療の病院に予約

2011年1月13日


一昨日(1月11日)に放射線治療をしていただける三重県の病院に予約するために電話を入れた

その時にどにーがこれからお世話になるであろう先生と少しお話をさせていただいた

先生にはどにーがいつもお世話になってる病院の院長先生から紹介状が届いてたので
どにーの病気の詳細についてはご存知の様子で今のどにーの様子を私に聞いてこられた

どにーの場合は胸腺腫よりもなによりも巨大食道で命を落とす危険が大きいとのこと

けれども退院後は上手にご飯を食べてくれてるので吐出がないことを伝え
元気もいっぱいで食欲もいっぱいだと伝えた

巨大食道が出てきているのはとにかく状況的にあまり良くないみたい

先生が腫瘍の大きさを聞いてこられたので
以前主治医の先生が「レントゲンで見る限り7センチくらいになってます」と
おっしゃってたとお伝えしたら「中程度の大きさですね」とのこと

そしてやはり完治は難しいとのこと
それはいつもの病院の院長先生と何度も話して覚悟していることと
とにかく腫瘍が大きくなってどにーが苦しまないように
緩和的に小さくする方向で構わないと伝えた


そして先生から今後のどにーの治療の方針をお聞きした

まずはいろいろな検査をしCTなどをとってどにーの現在の状況を
詳しく知ることから始めましょうとのこと

その検査の過程で巨大食道の子は状況によって全身麻酔をかけれないので
CTすらとれないということも有りうるし放射線治療もできない可能性があるのこと

とにかくまず検査をしないとわからないとのこと


そして14日に予約をとって検査していただくことに


この検査の途中で全身麻酔の際にどにーは急変するかもしれない
けれども何もしないでジワジワとどにーが苦しい思いをして最後を迎えるのを待つのは嫌だ
とにかくどにーの頑張りを信じてどにーが少しでも苦しまないように祈るだけ・・・


この日の夕方にいつもの病院へワクチン接種を受けに行きました
で、院長先生に三重県の病院に連絡を入れ予約をとったと報告

院長先生に会えてはしゃぐどにーに院長先生は頑張って!と励ましの言葉を下さった
ありがとうございます、どにーともども頑張ってきます

とにかく少しでも前に進まなくては
悪くなるのをただ見てるのだけは嫌だもんね

結果の善し悪しは考えずに今は進むことだけ
[ 2011/02/01 18:11 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

放射線治療をお願いした

2011年1月10日

どにーは毎日元気です
しっぽが痩せてしまって細くなってるのがちょっと悲しいけど
毎日4回、朝、昼、夕、晩とに分けてご飯を食べて元気です

吐出も未だせず
ただ、どにーは吐き気をかなり我慢するみたいで
前に私の靴下を飲んだ時も
吐く薬を4回飲んでやっと吐き出してくれた

気持悪くても我慢してるのかもーとちょっと心配だけど
ご飯の時の食欲をみてるとそんなことも取り越し苦労かと思うほど

だけど、ヨダレがよく出るみたいで終始お口をクチュクチュいわせている

あと、クシャミが多いなー


いろいろと心配もあるけど
とにかく私たちは前に進むしかない


で、どにーの放射線治療を院長先生にお願いした
三重県の専門の病院に連絡をとってくださって紹介状も送ってくださった
後は直接私が連絡をとって診察日を予約するだけ
明日その病院に連絡をとってみようと思っています

とにかく少しでもどにーが苦しまないように祈るばかり


どにーがんばって!
[ 2011/02/01 11:21 ] 胸腺種放射線治療 | TB(0) | CM(0)

無事に新年を迎えました

2011年1月4日


2011年も無事に迎えることができました

どにーは食欲いっぱいで元気いっぱい
吐出もなく無事に過ごしています

ちょっとくしゃみが多いのが気になるけれど
相変わらず頑固で言うことを聞かないどにーです

大晦日は年の明けた夜中に三人で近所を散歩
どにーは大喜び
病気とは思えないほど
寒かったけどどにーはそんなのお構いなしだね

で。我が家のお正月は寝正月
どにーものんびり私たちにくっついています
今もスースーと寝息を立てて居眠り中

今年はどにーも放射線治療など
初めての体験をすることになるけれど
お利口などにーならば大丈夫
がんばろうね

あさってあたりに先生に連絡をとって
紹介をお願いしようかと思っています
[ 2011/02/01 11:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今年最後の通院

2010年12月28日

どにーの病気がわかってから1ヶ月過ぎました

どにーは胸に大きな腫瘍を持ってるとは思えないほど
元気に復活

お利口などにーは
ご飯も自分で椅子の上に前足をかけて
上手に立ち食い

食べた後もオスワリして前足を私の肩にかけて
胸がゴクってなるまで待機

巨大食道にも関わらずご飯を上手に食べ
吐出もなく退院した時より体重も増えて

どにーの食欲パワーに驚く毎日です


昨日は今年最後の通院

背中の注射で爛れた皮膚も治り
血液検査をしてきました

結果、数値も落ち着き
抗生物質のお薬をやめることになり
次回の通院は年明けの三週間後に

今年、突然の肺炎発病のために
混合ワクチンを打ちそこねたので
次回の通院の時に接種することになりました


そして
放射線治療のお話を先生とさせていただき
年明けに考えることになりました

どにーの腫瘍は完治させることはできないけど
少しでも小さくして
どにーが腫瘍による呼吸困難にならないようにと
先生が勧めてくれたので
その方向で今後の治療をすすめることになりました


今後
どんなことになるかわからないけど
私も主人も気持ちが落ち着いてきたので
前向きにどにーのために最善を尽くしたいと思っています


まぁ元気に見えても突然、嚥下性肺炎を起こす可能性があると
先生はおっしゃるのでお正月も気をつけて見てくださいとのこと

それにしてもどにーちゃんの病院はお正月も午前中だけだけど
やってくれてるているので本当に安心です

お正月に先生のおせわにならないようにがんばろうねーどにー♪
[ 2011/02/01 11:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。