スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どにーの生きた証

今日で四十九日を迎えました。
まだまだどにーがいないことの寂しさはいっぱいですが
忌明けを区切りとしてこのブログの更新は今日で終ります。

ただ、どにーの生きた証として、
そしてどにーと同じ病に苦しむワンコ達に
どにーの治療や経験が少しでも役立ってくれればいいなー
と思うのでこのブログは残しておきます。

どにーを見送ってから毎日、どにーを迎えに行った日から
旅立つその日までのことを思い返していました。

どにーは我が家で迎えた初めてのワンコでした。
大きなワンコと暮らすのが夢だった私の願いを
夫が叶えてくれました。

ブリーダーさん宅で初めて目にしたどにーは
一緒に生まれた兄弟の中で一番おっとりして小さい子でした。

ブリーダーさんに初めてラブを飼うのなら
この子が良いと薦められたのがどにーでした。

その時のどにーは他の子達とは違い毛並みはパサパサでガリガリで
他の子達はお腹壊し気味なのにどにーだけコロコロウンチ。

夫は他の子にしてもらおうかと一瞬、思っちゃったって。
だけど、ブリーダーさんの言うとおりにどにーを選んで
本当によかったって。本当に優しい子だったから。

それにこのおっとりした小さいどにーは予想外に大物でした。

帰りの車の中では寂しがってクンクン鳴くんだろうねって
夫とも話してたけど、そんな想像とは正反対に爆睡のどにー。

家に着いて車から降ろす前に車の中でオシッコし
出迎えてくれた夫の弟くんに愛想を振りまくどにー。

最初っから大物ぶりを見せつけてくれました。

そして、ガリガリ、パサパサだったどにーは
我が家に来て2日目くらいからツヤツヤになり
ぽちゃぽちゃになってきました。

どにーは兄弟にご飯食べられちゃってたんだね。
生まれたときから本当に優しいどにー。
最期までずーっと優しいどにーでした。

そしてその後はラブラドールっぷりを発揮し
武勇伝も数知れず。
ソファまるまる1つ壊したり、電話線を噛みちぎったり。

しつけらしいしつけもしてないけど
のびのびと優しく大きな子に育ってくれました。

9歳で胸腺種、巨大食道症となってからは病気続きでしたが
食欲旺盛で元気いっぱいに病気と闘ってくれました。

甘えん坊の食いしん坊で愛想のいい平和主義の
頑張りやさんでプライドが高く頑固などにーは
最期の最期にはラブラドールの本当の強さと優しさを
教えてくれました。

ラブラドールは本当に素晴らしいワンコだと感動しました。

そしてどにーと一緒に暮らした12年半の思い出は
我が家にとってかけがえのない宝物になりました。

そして、このブログを通してたくさんのご縁を頂戴し、
励まして頂き、支えて頂いた事に感謝します。

本当にありがとうございました。


harf2harf2harf2DSC00048(変換後)(変換後)(変換後)








スポンサーサイト
[ 2014/02/24 05:00 ] どに紹介 | TB(-) | CM(0)

六七日

*私が夫の気持ちを誤解していたので記事を訂正します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どにーの大好きな雪がたくさん降ったせいなのか
私も夫もどにーの温もりが恋しい1週間でした。

この一週間、夫とどにーの話しをいっぱいしました。

夫はまたラブと暮らしたいとか言い出したりして。

だけど夫も本当はラブと暮らしたいっていうより
どにーとまた暮らしたいっていうのが本音だった。

夫はどにーは長生きしてくれると信じてた。
大きな病気を乗り越えてきたどにーだったから
どにーは長生きすると信じてた。
ホントはずーっと一緒にいたかったって。
まだ心の準備ができてなかったって。

夫は初めて私の前で嗚咽して泣きました。
ホントびっくりした。今は夫の方が重症かもw

ちょっとしたきっかけでどにーを思い出すとすぐに泣いてしまう夫。

我が家は夫も私も往生際が悪いです。





[ 2014/02/17 06:59 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)

五七日

どにーが我が家から旅立ってもう1ヶ月過ぎました。

どにーのことを思い出さない日は1日もありません。

12年半も一緒に暮らしたので

「あ、どにーにこれあげよ」とか
「あ、どにーのご飯ふやかさな」とか
「あ、どにー待ってるし早く帰らな」とか

ついつい「あ、どにー・・・」の毎日です。

だけど、あまり涙は出なくなっています。
どにーの居ない毎日を受け入れられるようになってるのかも。

だけど、どにーの最期の2ヶ月ほどの姿を思い出す時
やっぱり涙が出ます。
それは寂しい涙ではなくて後悔の涙かもしれません。

もっと私にできることがあったんじゃないかって。
何か食べられるものがあったんじゃないかって。
お薬もきちんと飲ませたほうがよかったんじゃないかって。

最期の日もどうしてお買い物に行ったんだろうって。
ずーっと一緒に居れば良かったって。


今さらながら後悔したりして往生際が悪いです。







[ 2014/02/10 07:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

四七日

今日はどにーの四七日です。

どにーの荷物もずいぶんと整理できました。
だけど不思議とどにーの空気が我が家にあふれています。
夫ともどにーの話しをいっぱいしています。
涙あり、笑いありです。

そして昨日、
いつもお散歩で会ってたどにーと同い年の女の子の
イエローラブちゃんと偶然会いました。

いつものように大喜びでナデてーってすり寄ってきてくれました。

とっても可愛いその子をナデナデしながら
飼い主のおじさんにどにーが居なくなった事を伝えると
とても驚かれて、とても残念だとおっしゃってくださいました。

その子も3年ほど前に一度がんで手術してるっておっしゃってたけど
今は元気いっぱいで、まだまだ長いお散歩を楽しんでるそうです。

どにーが居なくなってから
ラブちゃんを見かけると涙があふれた私でしたが
ずーっとナデナデしてても昨日は涙は出ず
私も笑顔で居る事ができました。
とても癒されたひとときでした。

とっても可愛いその子にはまだまだ元気で居て欲しいと
心から思います。

そして、またお散歩で会ったらいっぱいナデナデさせてほしいなーと
思いました。

[ 2014/02/03 08:23 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。