スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無顆粒性メラノーマ

2012年11月末に切除した右後ろ足の指の細胞を
詳しく検査したら線維肉腫ではなくて無顆粒性メラノーマとのこと


調べてみると絶望的な事が書いてあった・・・

頑張れ、私!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メラノーマ(黒色腫)という言葉は、良性・悪性の区別なく使用されていましたが、
現在では良性を黒色腫、悪性を悪性黒色腫と分類しています。
どちらもメラニン産生細胞(メラノサイト)から発生する腫瘍です。
犬の口腔内・皮膚・眼球・指等に多くみられ、口腔や指に発生するものは悪性黒色腫がほとんどで
犬の皮膚や眼球には黒色腫の発生が多いと言われます。悪性黒色腫の平均発生年齢
は9~11歳で、若い3歳でもみられています。雄雌差では雄犬に多く、
口腔内での悪性黒色腫の発生は9歳以上で、特に多発しています。

黒色腫(メラノーマ)の症状は、口腔粘膜や舌などに黒褐色の結節が現れてそれが急に大きくなります。
悪性黒色腫は転移が早く、リンパや血行に早期に転移し、
診断された時点ですでにリンパ節や肺に転移している場合があります。


関連記事
[ 2013/01/20 22:05 ] どにの病気 | TB(0) | CM(3)

ママ、頑張って!

免疫治療、前に闘病ブログの方でどなたかがやってらしたと・・・。
ピレニーズだったかな?

副作用が少ないならやってみる価値ありますよね。

どにーちゃんの笑顔の為に頑張りましょうね。応援しています。
[ 2013/01/22 15:33 ] [ 編集 ]

ありがとう

>ルー&マーのママさん

いつもいつもありがとう・・・涙

免疫治療はまだまだ新しい治療なんですってね。
これからどうなるかわからないけど
今はとっても元気などにーなので
私も前向きに頑張りますー
[ 2013/01/22 17:23 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/24 19:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://d010609memo.blog.fc2.com/tb.php/279-be30d0d9








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。