スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

検査当日のこと

平成25年10月9日

一昨日の検査当日のこと


前日から絶食のドニオ
朝から「ご飯くれー」と目で訴える

あんまり目ヂカラすごいので
ちょっと早いけど
9時過ぎに病院へ出発することに

車に乗せるにも38キロの巨体ドニオ
今までは大変だったが
アンヨ痛い状況にも慣れたのか
ヒョイと私が持ち上げるときに力を貸してくれる

で、大好きな車に乗ったドニオは大喜び
たぶん、病院に行くっていうのもわかってる
先生、大好きだもんねードニオ

私もこの時は十字靱帯断裂とばかり思ってたので
手術のことばかり考えてた

そして病院到着

受付を済ませて検査前の診察
先生がアンヨの確認をするのに触り始めると
今までポーカーフェイスだったドニオが
初めてぶるぶる震えて痛がった・・・

そして
久々の全身麻酔なので気になるところを全部調べてもらうことに

ドニオを預けて私はいったん家へ


まだまだ私も気楽に手術できる状態かどうかなー
なんて思いながらバタバタと1日過ごした

夫とも手術のことばかり話してた

手術できるなら先生に手術をお願いしようねーって


で、夕方に無事に検査終わりましたーって病院から電話があり
出来るだけ遅い時間にお迎えお願いしますって言われた


今から思うとちょっとおかしいけど
ウチはいつも仕事の都合で診察時間ギリギリに駆け込んでばかりだから
その時は何も思わなかった


仕事をバタバタと片付け
仕事中の夫に見送られて家を出たのは7時過ぎ
病院まで45分くらい

いつもと同じくらいの時間に到着


しばらく待って
先生に呼ばれた

先生の雰囲気でなんかイヤな予感

前のメラノーマの検査結果の時のよう

レントゲンの画像を指さしながら
「どにーちゃん、十字靱帯は大丈夫でした」って

え???

十字靱帯は大丈夫って
どういうこと?????


先生がドニオの痛い方のアンヨの太もも部分を指さし
「このあたりモヤモヤーと骨の周りにあるでしょ」

うん

「これ、あまり良くないです」

はい

「たぶん、骨のガン・・・骨肉腫です」

あーーーーーーーー


「あと、背中としっぽの付け根と痛い方の逆の足にも腫瘍があって
全部同じタイプの悪性度の高いものでした・・・」

「病理検査はまだなので正確にはわかりませんが、
背中とかしっぽの付け根の腫瘍は皮膚に出来てるものにしては悪性度が高すぎる
この結果をみるとたぶん・・・」

あーーーーーーーー

今までは胸腺腫、メラノーマと積極的な治療をして
乗り越えてきたけれども犬の骨肉腫はかなり悪い病気。
骨肉腫の治療は断脚プラス抗がん剤。
だけど、それでも平均余命は7ヶ月。長い子で1年。
しかもドニオは巨大食道症が持病で左後ろ足の指を1つ断指してる。
しかも12歳。

先生にドニオの寿命を延ばすことよりも
残り少ない時間をできるだけ苦しまず穏やかに過ごせるようにしたいと
我が家の意向を伝える。


先生もどにーちゃんはすでに反対側の足の指を1つ無くしてるし
巨大食道症を持ってるし
断脚っていうのは勧められないって。

私の飼い犬ならやめておきますって先生。

だけど骨肉腫ってかなり痛いと言われてます。
正直、断脚しても余命が短いのに断脚するワンコが多いのは
痛みの為とのこと。
この痛みを少しでも和らげることを考えましょう。

痛みの緩和に何が良いのかいろいろと調べてみますと言ってくれた。


私は
断脚しないといけないくらい痛いっていうのに愕然。
ドニオの残り少ない時間を痛くないように苦しくないように
そればかりお願いした。


先生はいろいろな方法考えましょうと言ってくれた。

そしてドニオと対面。
大好きな先生に囲まれてウハウハなドニオ。

もう、アンヨはかなり痛いのかなー。
だけど車までの道のりも先生と一緒だったから
うれしくって張り切って歩いちゃって。

家に帰って夫にドニオのことを伝えた。
夫はドニオとのお別れの日が近づいたのかと言った。
ドニオもとうとうか・・・って。
だけどドニオだけにわからないと言った。
お別れの日は必ずやって来るけど
まだまだ先かもしれないと。
ドニオはしぶといからって。
最後までドニオがドニオらしく少しでも長く
居られるようにいろいろ考えようと言ってくれた。

ドニオは相変わらず足を引きずりながらも
食欲旺盛でお散歩も行きたがる

だけど
寝てる間、ブルブルって震えてる。
眠りも浅い。


痛いんだろね。

この先のこと考えると不安になるけど
私たちの不安な気持ちはドニオに伝わってしまう。
だから先のことは考えない。
その日、その時のことだけ考える。
今回はさすがに前向きに考えられないけど
必要以上に私たちが不安がることはないと
自分に言い聞かせて頑張ります。

ドニオとの少ない時間を大切に過ごそうと思います。





関連記事
[ 2013/10/09 08:09 ] 骨肉腫 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。